インドビジネス

インドビジネス

日本企業向け インド法人設立・ビジネススタートアップを支援

tii-india11シンガポールを拠点としているTii では、昨今のインドの勢いを感じずにはいられません。人材の優秀さ、上昇志向のハングリーさではシンガポールを脅かす勢いです。
特に日本企業や外資系にとっては、インドの巨大なマーケットポテンシャルを獲得するために消費財系メーカーがいち早く、インドマーケットへの進出をしています。

また、人材の面では化学、IT系、理工学系の技術者、日本企業との技術開発には相性の良い理工系エンジニアの人達が多くいることには間違いがありません。
しかし、ここ最近2年の間に日本から直接インドに進出、投資をした日本企業が現地でビジネスの開始時から、多くのトラブルを起こしている日本企業が少なくなく、進出直後から訴訟問題に巻き込まれたり、事務所を撤退するケースなどをシンガポールのインド人国際弁護士から聞きます。

日本の書籍やビジネス本では、インドのマーケットの大きさや魅力、異文化などを伝えいますが、T i i のインドビジネス特集ページでは、もっとリアルなインドのビジネス現場の日常・常識シーンなどを日本人向けに伝えていき、今後、インド進出を考えている日本企業にとって理解を深めるための一助になればと願います。

客観的に見て、なぜ、この21世紀になっても日本企業は会社の目的に対して、相手を知って戦略を立ててから進出するということを軽んじる企業担当者が少なくないのか?はよく解りませんが、「いけばなんとかなる!」という感覚で超異文化の国、インドへ、そのまま日本人マインドとカタコト英語力で飛んで行く企業の担当者が多く見受けられます・・・
その多くは、インド人の英語の饒舌さ、オーバーアピール、交渉のパワーに疲労困憊して妥協するか、嫌になる、根負けすることが多いようです。シンガポールの駐在員でインドを担当している方でも、「できればインドには行きたくないよ・・・」と疲れた顔をして言います。

今後、インドへの進出を計画している日本企業の方たちへ、日本人のやり方がインドではどう見られているのか?また、現実にインド人相手にビジネス交渉するうえのツボ、数々の失敗を乗り越えてインド人との協働をマネジメントしている日本人の現場ストーリー、インドビジネス文化とつきあっていく知恵をお伝えしていきます。

インド法人設立支援

Rendered Indian FlagT i i では、インド会社設立コンサルティング&現地ビジネススタートアップサポートを提供しています。*デリー・ムンバイ地域のみ 2009年4月現在

T i i にとって日本企業のグローバルアジアビジネスを支援するのが使命です。インドのムンバイ、デリー地域への日本企業のビジネス進出コンサルティングと現地サポートの必要な部分だけをエコノミー料金で提供します。

各企業の事業タイプにあわせて、必要な専門家・業者を現地でコーディネートし、その会社の事業目的と開始に必要な情報、手続きの代行、会社登記代行サービスをデリーまたはムンバイ地域の法令と事情をふまえてサポートします。

space

御社の事業計画を理解できるコンサルタントが、そのうえで必要な情報収集、考えられるリスクを日本語で解説。 現地駐在日本人ビジネスマンには、現地インド人コンサルタントが日本企業経営側の味方になって、現地政府やインド人業者との交渉をサポートします。それは味方となる優秀なインド人を側近につけて現地でビジネススタートできるという状態を提供するサービスです。

space

対象 法人設立・登記したい企業

会社設立コンサルティング&申請代行サービス <ムンバイ&デリー地域限定 2009年現在>

当社が提供するサービス内容

  • 会社設立・支店および駐在員事務所開設に関連する政府への登記申請代行
  • 登記料支払代行
  • 登記直後に政府から要求される各省庁への行政手続き代行
  • 会社定款作成
  • 会社設立の議事録作成
  • 現地居住者によるDirector 役のリサーチと採用プロセスアドバイス・紹介サポート
  • 法人銀行口座開設
  • その他、営業開始に必要な業務の現地業者コーディネート

– 業務を請け負う範囲をご相談の上、決定

企業のご希望によって、必要な範囲の現地手続きサポートサービスをお見積り致します。

インド法人登記代行サービス シンガポールドル$ 10,800 ~( 日本円で約75.6万円から)

就労ビザ申請代行 (ビジネスビザ申請作業を代行) S$4,000 ~

設立時、一次会社登記住所貸し・郵便物転送サービス S$800 / 月+ 郵便料

会社設立後の現地人材採用、雇用契約書・就業規則作成

入社説明会運営から新入社員研修

会社設立後の現地人材採用、就業規則作成、新入社員研修

インド法人設立が無事に終わると次は現地社員の募集・採用が必須です。

採用活動の方法~ジョブディスクリプション作成、選別のアドバイス、雇用契約書作成など、現地に送り込まれた日本人駐在員管理職のためのマネジメントサポートはT i i にお任せ下さい。
採用後、営業開始前には、入社オリエンテーション、社員研修を当社がサポートします。最初の入社時にきちんと会社の理念や価値観を現地インド人スタッフにインプットすることがとても重要です。
御社独自の社員へ求めることを英語、またはヒンディー語で伝え、まずは知ることで価値観の違いによる職場の文化の衝突、ストレスを従業員、経営側ともに軽減させます。

簡単な事業概要をそえてメールにてお気軽にご相談ください。秘密厳守。


”私がデリー・ムンバイ現地で日本企業を支援します。”

ram-face1

Ram Garg  ラム・ギャァグ

インド出身 MBA,  FCA 国際公認会計士

日本語連絡先:E-mail: india@tii-asia.com

インド事務所 所在地

210 Grain House, Chhawani, Indore (M.P) India, 452001

日本国内からのお問合せ 東京 TEL: 03-5456-5788 /シンガポール TEL: +65 6622-5668

space