海外人材育成

セミナーレポート

EESセミナーチラシ

2014年7月4日、シンガポール日本人会にて、セミナー「組織の”健康診断”を経営に活かし、組織実行力を向上させる方法」を開催し、在星日系企業の管理職、人事担当の方々の熱心なご参加を頂きました。

 

セミナー第一部「会社のパフォーマンスを最大化する組織の作り方」

講師 beyond global Pte. Ltd. 代表 森田英一

  • 組織実行力のある、パフォーマンスの高い自律的組織にするためには、従業員のエンゲージメント(自発的な貢献意欲)が重要な要素である。
  • エンゲージメント調査や価値観調査を通して従業員の価値観やエンゲージメントドライバーを理解することができる。
  • 調査結果を用いることで、マネジメントのあり方、ナショナルスタッフとの関係性を見つめなおす。
  • ダイアローグ(対話)を中心としたコミュニケーション、共有ビジョンと、持続的なフィードバックループを通して、自律型の組織を構築していく。

 

 

24

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー第二部「組織診断ツール Engagement Surveyとその活用手法」

講師 The Incubator Institute 人・組織開発系コンサルタント 齋藤一恵

  •  シンガポール人従業員の91% は「会社にエンゲージしていない」か
    「会社に積極的に関与する気がない」と世論調査からの結果が。
  • 組織文化はビジネスに影響する。発展可能性のある「ボジティブバリュー」の重要性。
  • 文化的なエントロピーが、エンゲージメントを阻む。
  • 組織診断ツール各種の手法と目的。
  • 調査結果としてナショナルスタッフの就業価値観、優先順位、エンゲージメントの度合いなどが可視化される。
  • これらのデータを、実際に組織運営に活用する方法 〜企業のケーススタディも交えて

 

IMG_3466-1OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_3446

 

講演の時間が当初の予定を超えてしまったにもかかわらず、講演後の交流会には、ほとんどの参加者の方々が会場に残ってくださり、ご自身の経験談や意見の交換も活発に行われ、セミナーは大盛況の内に幕を閉じました。

 

参加者の方々には、お忙しい中を当セミナーにご参加いただき、また交流会では、相互に有意義な場を創りだしていただきましたこと、改めて感謝申し上げます。

space