インキュベーター・インスティテュート齋藤一恵のブログ

2012 年 10 月 17 日

9月27日HRMシリーズ「シンガポール雇用法セミナー」レポート

今後、The Incubator Institute では、シンガポールの日本企業の幹部、管理職の方たちへ、Human Resource Management の領域にて定期的にセミナーを開催いたします。
海外でのヒューマンリソースマネジメント知識と、この地域での最近の動向、情報、ノウハウの共有をセミナーや勉強会をとおして、共有していき、日本企業の海外での人材マネジメント、人財育成、従業員満足度向上に役立てて頂ければと願っています。

そこで、HRMシリーズ第一回目は 2012年9月27日に「シンガポール雇用法セミナー」を開催しました。まずは雇用主の義務と権利、従業員が法律で保護される権利を理解しましょう、という目的のセミナーでした。
シンガポール雇用法セミナー告知ページ

セミナー当日は、最終的に50人ほどの企業幹部や人事ご担当者の方にご参加頂きまして、アンケートの結果からは良かった、役に立ったという評価を多く頂きました。
以下に簡潔な報告レポートを致します。

セミナーの第一部ではインキュベーターインスティテュートの齋藤が、
「海外社員に嫌われる日本型人事と管理不足による経営リスク」とうテーマで、
この10年間での海外における日本企業の人気が急落していることと、ほかの競合企業の経営者が何を重要課題としてこのアジア太平洋地域で取り組んでいるのか?、人事管理が経営上でこんなリスクがある、ということをお伝えしました。また、雇用契約とは日本の入社の意識、就業意識がまったく違うことを前座でお伝えしました。

その後、メインの第二部では、Oon & Bazul LLC から弁護士 スレッシュ ディヴィアナーザン氏と日本法弁護士の佐藤かおり女史による、雇用法のレクチャーへ。
「従業員の不正、不法行為を見つけたときに管理職は何をしたらいいのか?」
「競業企業への転職禁止は可能なのか?」ということについての方法、雇用契約書に含めるべき条項の解説をしました。

lawyer Mr. Suresh Divyanathan

解説のセッションの後、参加者からの個別ケースについての質問に回答しまして、時間超過をして18:30に終了しました。

皆さん、本当にご参加頂きまた真剣に今回の議題について会場で共有して頂いた様子でした。開催側もやってよかったと感じました。誠にありがとうございました。

セミナー終了後のアンケートからのコメントをご紹介します。

・どの点がこれは聞いてよかったと印象に残りましたか?という質問の自由回答から:

 リーガル的見解と人材ビジネスとしての両方の見解がうかがうことができて良かったです。
 解雇関連のご説明が大変参考になりました。佐藤弁護士の通訳も上手で関心しました。
 解雇について今までで一番、詳しく教えてもらえたので良かったです。
 不正行為の発見時の対応
 基本的な質問について、あらためて聞けたことが非常に良かった
 シンガポール特有・独自のルールについて知ることができたこと。
 加えて、「ルールはこうだが、実際の運用についてはこのようにすべき」という現実的な人事のお話しが興味深く、役に立つと思いました。
 解雇に関する実務的な説明が良かった。(複数あり)
 シンガポール人が就職する企業を選ぶときの理由がわかったこと。
 従業員の整理解雇の方法について知れたこと。
 雇用契約の終了の方法と、競合禁止の条項が知れたこと。
 日本の常識と違う、解雇の方法について。ドライではあるが、やはり人と人との関係性なので充分に注意が必要だということですね。
 人材業界に従事しているなかで、日本企業の置かれている現状を知ることができて、人事部へアプローチしている立場として多くの企業に人事制度を知っていただく義務があると認識しました。
 法律遵守だけがBest ではないこと。
 シンガポールの雇用法の特長がよく解ったこと。
 日本型人事とシンガポール雇用法の特長がよく解った。
 Termination のケースと各対処法が大変、解りやすかったです。
・・・・・・・・・・・・・・

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
次回も皆さんの現場に役立つテーマでセミナーを企画いたしますので、ぜひご参加をお待ちしております。

2012 年 8 月 12 日

日本の中小企業というダイアモンドへのグローバル化支援の重要性

日本にいる日本人の人たちには、今の政府のやり方、行動、メディアによって、人間ならこの環境だと何人だろうが、先が見えないです。
日本にいる日本人なら将来を信じることが困難な状況だと、海外にいる日本人の私でも思います。

一方で日本人とは対照的な存在として、中国人は昔から「政府は信じられず、自分と家族と本当の親友たち」を信じ、その人たちと幸せを共有するために海外に移住して、商売してきて、中国ではない土地で「自分たちの繁栄」を築いてきました。

中国人をただ見習え!というつもりはまったくありませんが、政府が信用できて政府がなんとかしてくれるという妄想が日本国民には過去、なんだかあり、しかし東日本震災によってそれはただの妄想だったと気づいた人は少なくないと、twitter などからの皆さんの発言を見ていても感じます。
そもそも「政府は信じられないし、騙されて得はない」と、そういう思想がなかった人達はどう生きてきたのか?ということを知ることも参考になると思います。

そして、それについ最近、気づいた人々は何を指標にしていったらいいのか? 漂流難民的な気持ちになっている人も多いのではないかと想像しています。

一方で私個人的には、日本市場でもう注目しなくなった、地方の中小企業にフォーカスしています。
日本市場の産業界ではもう必要とされない時代になったとしても、アジアやそのほかの国では、日本の中小企業、町工場の企業さん、彼らが注目されるに値する実力をもっているからなのです。
これまでの日本で活躍してきた彼らの技術やサービス、商品はこれから!今の日本人のような消費心理にたどり着くその途中だからです。
今後の後進国、新興国にとって日本の中小企業さんの商品や技術は、新興国にとってありがたい、ハッピーな存在になることは間違いありません。

だから、私はシンガポールにいながら、日本の地方の中小小企業にスポットライトを当てるための努力をしたいと毎日、考えています。

先日、シンガポール国立大学と早稲田大学ビジネススクールの共同プログラムにて、当社で企業コーディネートを担当しました。

そこで感じたのが、ビジネススクールはもっと日本というチームに対して、世界で戦えるための知識を産業界と手をとりあい、共同で日本をアピールするべきだと感じました。

残念ながら、昔から日本の大学はキャンパスの中だけで研究していて、学内の先生に認められることだけか、学会だけで共有してしまいがちな構造。
(また、その教授が産業界の流れやトレンドとかもとんちんかんな人だと最悪。)

ビジネススクールなら、もっと産業界と手をとりあって一緒にグローバル戦略を検討できないのかな?と思いました。

また、日本企業の管理職=だいたい50代以上のシニアは長らく大学の教育、アカデミックを信用していないので、(だから大学の専門とは関係なく人を配置する)社会人になった段階で、その人のベースの知識は0.ゼロ。
海外では、大学の専門性を重視するので、そこからもう仕事の専門知識を備えているという専門家意識を持たせて採用しています。

一方で、そういう事態に対して以前から問題意識を持って行動していた日本人リーダーは日本社会にちゃんといるのです。

今はもう、昔の当たり前を疑い、この国の勘違いや弱さをリカバーするリーダーが必要な時。そのうえで、私は日本の産業界の歴史を支えてきた日本の中小企業という存在にフォーカスしています。

2012 年 6 月 29 日

Tii はシンガポールCrossCoop 社内に分室を開設しました。

2012年6月1日より、Cross Coop Singapore 社のインキュベーションオフィス内に、当社インキュベーターインスティテュートの分室を開設致しました。

今後は、中小企業で進出していらしたリーダーと大手日本企業の人事や統括会社ご担当者の方たちへ、さらに詳しく海外人事のノウハウなどをクロスコープ社とも連携してセミナー開催にてお伝えしていきます。

The Incubator Institute ASEAN Singapore

今後は、シンガポール進出ステージの企業、進出後の人材マネジメントや総務領域でのご相談、質問にお応えしていきます。

Cross Coop オフィス内に入居されている企業さんは、ご質問は無料。
これからアジアで活躍していく若手リーダーの皆さんを応援してまいります。

当社は、ビジネスコンシェルジュサービス(進出ステージでの総務・秘書的サービス)も委託を承っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

ご連絡は、シンガポール進出支援係 sin@tii-asia.com まで。

当社は、日本から挑戦してくる日本企業の方には当社にとって直接、商売にならなくても、困ったときにはアドバイスや情報支援を出来きる限りしていく所存です。

”日本の中小企業の才能で海外で日本としての活躍、そして日本に活力を創ろう!”
今後とも宜しくお願いします。

齋藤一恵

2012 年 6 月 13 日

シンガポールは国家戦略として次の成長ステージへの大きな変化の舵取りを実行中

ブログは、あまりに時間を空けると書けなくなるものですね・・・(汗)
Twitter やFacebook で投稿していると、どうもブログが後回しになってしまう私の怠慢。(^_^;)

さて、今日からは2週間に一度、目標は1ヶ月に3本はコラムをあげていきたいと決心をして、今日は反省と共にコラム的ブログを書きます!

Singapore goes to next stage

この書いていない間にも、シンガポールやアジアはすごいスピードで変化がありました。
ニュースの新聞社は本当に毎日、どの記事を取り上げるか悩むような変化のある時期だと思います。

シンガポールの大きな変化としては、国の成長度と評価が高まったと認識し、その後、政府の方針の変化が顕著に内向きになり、産業界の現場ではこの1年近く、産業界リーダーから色々なとまどいの意見がメディアや現場からも聞こえてきました。

ただ、この国は、今、次のステージにのし上がろうとしている状況のようです。

これまでは、自国から外へ売るための資源もない小さな国が、人材の価値を高めて、資源としてきた戦略のなかで、外資を40年間、誘致して自国の国民に雇用の機会を与えて、自国民の経済的な生活レベルの向上を達成してきました。

政府は一生懸命に国民の教育、社会秩序、経済活動、シンガポールの世界的ブランドの向上のために力を尽くしてきました。

そして、世界ランキングで上位を占めるようになり、政府はやっとここまで来たぞ!
「今こそ、これからシンガポール人がビジネス界でも主役の時代へ突入するのだ!」
という戦略的なシナリオへ着手しているという状況です。

その実行部隊が動き始めたのは、2010年後半からで、特に外国人の就労ビザ許可数を緊縮したのは、2011年1月から。

そして、2012年の7月からさらに審査の基準を高くすると予告しています。

しかし・・・
Business Times などで見る限り、外資の金融業のトップの複数は、
「もちろん、この国の政府の方針に従い支援したい。しかし、、、急にリーダーの人材をシンガポール人に変えたとしても、グローバルなマネジメントが機能できるのかどうかは少し心配なので、時間が必要だ」という感じの意見が多いのが今日この頃。

Singaporean, How will uou build it?

一方で、日本企業の業界では、すでにシンガポールに来てから歴史のある企業でも審査基準が高く、そこの会社で働く現地採用の日本人の給与がインフレにあってもあがらない現実もあり、これまでのEPが更新できないケースも勃発しているのだ。

こんな話は私はこの10年で聞いたことがない。
まさに変化の時で、日本企業だから優遇されていると安心はできないシンガポールなのだ。 一方で相対的に日本の価値が下がっている危機感を感じています・・・

2012 年 2 月 4 日

アジア・シンガポール進出と企業の赴任者選定について

この2年間、いろいろな企業のシンガポール進出、ついでインドへの進出について相談にのってきました。当社は、インドは現地の専門家とのコラボなのですが、
シンガポールに関しては、携帯電話の契約やゴム印、名刺の作成など、ほとんどの業者が面倒がる細かいこともお手伝いしています。

みなさん、生まれて初めての海外赴任、そして、その国で生活するわけですから。
その気持ちは、私が1992年にオーストラリアに行った時のことを思い出し、その細かい不安などを想像しながらサポートしています。

まして、中小企業とはいえ、個人で立ち上げた場合を除き、上場していれば、会社の看板を背負っている以上、小さなことでかっこ悪いリスクは踏みたくないと思います。

私は、ひとりでシンガポールに乗り込み、会社を立ち上げ、今に至っていますが、いくら先進国顔しているシンガポールでも、その過程では相当にかっこ悪い、理不尽でいやな経験がありました。

だからこそ、そういうストレスやジレンマに悩む時間をつくるよりも、当社でそれをすべて手配して、あとは営業に集中して本業へ時間と精神を使ってほしいという願いです。

そして、長年、シンガポールで日本人の企業を見ていての結論として。
最初の赴任者の選定で間違いないのは。
「若くてリーダーシップがあり、人間的魅力がある人材」です。

とにかく、相手が何人だろうが、その人のことを尊重して、その人が自社にとってどんな有利な能力をもっているのか?と、冷静に考える頭と、最初にその人を検討するという受動力が必要。

なぜなら、なぜか50代以上の日本人は、「アジア」に対して卑下する感覚が時代的にあるようで、今の20代、30代なら、別に対等にローカルと対応できるのです。
いくら、海外初心者でも、そのうえの年代の人達には、アジアの人達を無意識に「下」にみる意識があるようなのです。ですから、雇ったスタッフも、仲間ではなく、「労働者」。

一方で、いくら、大手の弁護士事務所や、会計事務所へ会計業務やなにかを依頼しても、赴任者の家さがしや、子供の幼稚園さがしの見学、携帯電話の申し込み、水道関係の要望、名刺の注文、ゴム印の注文なんて、不動産会社の高い物件を売る営業以外の人には面倒がられます。(^_^.)
それで、当社では有料でコンシェルジュサービスをつくりました。

ということで、オーストラリアで生活、ほかの国でも海外出張や1か月くらいの滞在体験を多数してきたような私でも、シンガポールへ乗り込んでビジネスを立ち上げるとなると、小さなことが沢山、大変なストレスだった経験をしました。(特にサービス業の業者)

それゆえ、私ならではの海外留学や駐在の相談、手配を相手の立場の想像ができて、必要な手配が得意であり、初めての海外駐在もすべてコンシェルジュチームに監督しながら、私自身もお手伝いしています。
でも、そうしないと、大手と違って社内の人間が現地で「いらっしゃ~い」と待っていて、その人のために準備して動いてくれるわけではないので開業、営業スタート状態をつくるのは、英語や文化、商習慣の違いもあり、ひとりでは大変なのです。

日本の中小企業さんが、アジアで活躍することで日本のプレゼンスを高め、中小企業の社員と家族が自社の凄さに自信を取り戻し、活躍してくれる日が来ることを願って、私たちも頑張ります。

2012 年 1 月 26 日

シンガポール日常での出会いと幸運?

今日は夕方、仕事が片付いて、愛犬の散歩していたら、近所のインド人マダムに「あなた、今日、うちのディナーにいらっしゃいよ」と誘われて。
「20:15にうちにいらっしゃい」と言われた。

特に予定のなかった私は「は、はい・・・」と。

そして、素敵なおうちのリビングへ。
(愛犬は置いて行った。)

リビングルームは、まるで高そうな、日本人向けの高級カラオケラウンジ風。

ビール?ウィスキー?ワイン?と聞かれて、
とりあえず、ビールで。(超日本人だな。)

その後、マダムがウィスキーを飲むことがわかり、
私もウィスキーをソーダ割りで頂きますといって、
いろいろと、最近のエレベーターでの問題出来事や、日本での滞在体験を話した。

そして、そのインド人マダムのインド人旦那さんが、私のマンションのオーナー理事会の理事だったようで、話したら、4月ごろから、日本メーカーのフジツーリフトに変えるという、ほとんど、決まりそうな話だよ。と教えてくれた。

ぞれは、富士通じゃなくて、「フジテック」じゃない?
と聞くと。あ、そうかも。とおっしゃった。

じゃ、早く、お願いですから変えてくれと。 そうでないと、子供とか、病弱な老人が私のような立場で被害者になったら、最悪ですよ!!!!!
と訴えた。

しかし・・・二人とも私が真剣になるほど、笑うのだ。
「笑い話やジョークじゃないのだ!」と訴えてみる。

すると、紳士の旦那さんは、私の体験談に笑いを抑えながら「そうだね。わかったよ」と。

なんだか、ご近所のインド人から、よく誘われる私なのである。
ついでに、「私たちは前世でつながりがあったんじゃないのかな」と言われる・・ インド人に言われるとなんだか本当らしく思えたりして。

そして、先日、エレベーターで大問題があった私の経験を話したら、そのマンションの決議のキーパーソンだった。
なんだこれ? 気持ちわるいけど、神様、ありがとう♪ ですな。

2012 年 1 月 17 日

海外赴任者へのマインドセットの重要性

最近、思うこと。

日本で成功したケースの中堅企業が、シンガポール法人へ選抜されてシンガポールにいら​した赴任者はシンガポールに来ても、日本の自社の成功モデルと日本の常識を通そうとうするやり方がとても強いのです。

日本で成功した、私のキャリアの方法だから、シンガポールでもこれは通用するはずだし、当り前でしょ? という感じのご担当者が、大手企業ではなくて、中小企業でもいらっしゃいます。

海外にいらした方へ、当社ではこの場合、私は正しいことをしているのに・・・(確かに日本ではそれが正しいし、素敵。)でも、その方の日本でのキャリアの正当性を説明されて、シンガポールでこれをやっているのにシンガポールでうまくいかないといわれても。

どうやって、「いや、顧客も従業員も日本人ではありませんから・・・」とつっこむタイミングを作るか、結構、精神的にも苦労しています・・・​。

これは、本来は海外へ赴任する人へ、本社が「海外に行ったら、そこの現地の人を尊重するべし」という大切なひとつのことを会社上部から教育、マインドセットしないと無理です。

困るのは、その後のその企業さんなんです。  
結論は、海外に赴任させる前に本社から、「海外​に行ったら、現地の人を尊重するべし」という、この一言を最低限、念押しする教育をしてから海外に送ることが大切だと思います。​ 
英語の研修よりも、その外国で生活して、ビジネスをさせて頂く以上、その国の人が大切にしている価値を知ること、そして尊重、いわゆる人間尊重、人権尊重を理解することが基本です。

こういうことが、グローバル経営とグローバル人材育成のふもとでは小さくても大切なことだと思います。
ご本人もよけいなプライドとストレスで苦労してしまいますから。

2012 年 1 月 10 日

やっぱり、上野は最高!

昨年、一度も長期休暇を取らずに仕事一筋の仕事生活であった私は、年末、ゆったりと
寒い冬の日本を満喫しました。
そして、日本滞在もあと1日。明日は企業訪問して、深夜便でシンガポールへ帰ります。

今回の日本でのホリデー中の観光は、京都、東京の人形町、そして古巣の上野を歩きました。
京都は、将来のためにまだ、行きたいところを残して、京都市内、祇園と東寺の空海さんへご挨拶。

写真は、上野動物園で、すごい人だかりのなかで、やっと、遠目から撮れたパンダの写真です。
30分以上待たされそうな列になっていて、並ぶのをやめた私にとって、これでもベターレベルの
パンダの写真です。す~ごい人でしたよ。上野動物園は。
上野公園を歩いても、気持ちいい~。

しかし、やっぱり、「上野は最高!」
上野駅前の商店街で、後ろにいた男性が、「上野、サイコ~!」と口走っていたので、
笑って、うなずいてしまいました。

国立美術館、国立博物館、上野動物園、桜の公園、不忍の池、神社、寛永寺などの仏閣、
アメ横商店街、韓国焼肉屋さん、吉池、多慶屋、寿司屋、鰻屋、とんかつ屋、皮革製品屋、
おもちゃ屋、盛り場の仲町通り、輸入品のお店、宝石問屋街、屋台、古書店、画材店、書道店、仏壇屋、
藪蕎麦屋、スポーツ・ゴルフ屋、銭湯、若い人からシニアまでが楽しめるカルチャーが、
ぜーんぶ詰まった「アミューズメントパークのような街」なのだ。

やっぱり、東京に住むなら江戸文化が残る下町、上野界隈か谷中、湯島がいいなぁ、なんて思いました。
上野駅前にある三井ガーデンホテルに泊まったのですが、思わず延泊しました。

とにかく、店員さんたちも、地元の母も、アメ横や寿司屋の大将も人に優しい、江戸っ子気質。
どこに行っても、気持ちよくコミュニケーションできて、いい感じです。
私が、下町の江戸っ子気質だからかも? 笑

江戸時代から、異文化を持つ人々を尊重する上野という街でした。

2011 年 12 月 30 日

「忘年会」という言葉が嫌い、「想年会」を積み重ねて来年につなげよう!


私は、昔から「忘年会」という言葉、タイトルが嫌いです。
なぜなら、今年、沢山いろいろな人に出会い、いろいろなことを学んだのに「忘れる会」で新年には忘れてリフレッシュしようという意味だからです。

写真は、銀座4丁目の交差点の「和光」のディスプレイにいた大きな龍です。
来年の2月4日からは「龍」の威力が影響をつくります。

忘年会、それは、日本人が60年前、皆が東京大空襲の後で、大変で苦痛なことが多いのが当たり前だという前提の世の中だったから、「忘年会」なのです。

もういい加減、21世紀なんだから、忘年会はやめたい。
それよりも、今年あったことを覚えておいて、出会った人と共に来年につなぐほうがいいと思うのです。

学ぶための「想年会」SOHNENKAIがいいな~。想念会ですよ!

今年は、1年半前からスタートした、日本の地方中小企業やITベンチャー企業のシンガポール進出支援をスタートして、沢山の企業の経営者を支援してきました。

大手企業向けにはずっとグローバル人事管理、人事育成コンサルティングのプロジェクトをしており、一方で、これからアジアへ進出する企業さんには、大手企業のやってきた間違いを繰り返さないようにはっきりとアドバイスしています。

なぜなら、大手みたいに資金と時間の余裕がないから。
それは、自分でも身にしみてわかる部分です。

だから、スピーディーに自社のコア部分を表現できる段階に持って行っていただくために、私たちは、超小さなことも面倒なことも笑顔で中小企業の経営者に効率的な支援アドバイスをしています。

それによって、日本を支援することになるとスタッフには話しています。

これから、シンガポール、アジアへ進出、挑戦する企業さんを心から大切に支援して、最終的に日本人として、日本への貢献になるように頑張りたいと思います。

クライエントのお客様、そして、周囲の友人とスタッフ皆さん、どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。

齋藤一恵 2011年12月30日

2011 年 12 月 3 日

最高にゴージャスな時間とは。

シンガポール伊勢丹のスーパーで、すしネタをゲットし、キッチンでお米を炊いて、すしが握れる先輩と大好きな仲間たちとSushi Party ! 以外にですね、お米を炊いて炊き立てのシャリで握ると美味しい! もちろん、握りを担当した先輩の技術も高いのですが、偶然にもゲストできた友が「昔、寿司屋でバイトしていた」といって、軍艦巻きの技を披露して、最高に盛り上がりました!

Home Sushi Party!

写真のほかにも3点ほど、一品料理がレストラン並みにできて、「はい、できました~」とまるで、SMAPXSMAP 状態!笑

大人になると、どんな高級レストランよりも、大好きな人たちと料理をして、美味なものを頂き、好きなお酒で語らう時間が、最高にゴージャスな食事と時間だと思うのです。
実際、シンガポールは自宅料理のほうが、コストが高いしね!(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 
でも、お金は関係ないんですよね、シンガポール在住の皆さん、ぜひ自宅でやってみては?
大丈夫、失敗してもそれが経験になり、グレードアップしますから!

P.S. そろそろビジネストピックスでブログ書きますね。。コンサルやっていると厳しい守秘義務があって、編集も大変。苦笑

space