インキュベーター・インスティテュート齋藤一恵のブログ

‘シンガポール’ カテゴリーのアーカイブ

2011 年 7 月 30 日 土曜日

最近、シンガポールには、日本から色々な人がやってきます。

シンガポール進出を果たした企業家。80歳!


ここ3か月くらいの変化です。やはり日本で未曾有の震災と原発事故という国民ひとりひとりがショックを受けた事故があり、多くの日本人が、「日本国と自分を見つめなおした」時間だったのではないかと想像します。

海外シンガポールで生活している私でさえ、毎日日本が心配で心配で眠れなくて、3月11日以降、1か月間は特にニュースを追いかけて、被害がなかった自分だから何かをしたい、しなければ・・と毎日考えて、眠れない日々を過ごし、苦しい気持ちでいました。
(1か月後、私には初めて10円ハゲが頭にできてしまいました。。思わず、ラッフルズホスピタルへ人間ドッグに行きました。)

一方で、やはり被災地の人の気持ちを考えて、自分も節約、自粛モードな気分になっていたところ、
やはり、そうじゃない、支援をするなら、自分が稼いで元気でいないとだめだと気付きました。

アジア、シンガポールでせっかく超景気の良い場所にいるのだから、もっと気合いいれて頑張ってビジネスをしながら、被災地のなにもかもを失って希望が持ちにくい中小企業の経営者の方に何かアジアへの進出機会をつくり、成長市場のアジアで稼いで、地元や家族に利益を持ち帰るモデルがつくれないか?と考えました。

そんななか、さすが、日本の中小企業の経営者は、ただただ、現状のリスクと政府のうだつの上がらない状態に見ているだけ・・ではなく、やはり、自分から何かをしないとと思い、これからはアジアで稼いで、困っている日本が助けを求めたら、何か支援ができる自分でいたい、または、このまま日本船ごと一緒に沈みたくないというお考えの方が、シンガポールにどんどんとアクセスしてきております。

ついでに、日本政府はこれから増税をして、さらに好業績の国民にはさらに増税するという方針のようで、
一生懸命頑張って稼いでも、被災地の支援になるならいいのですが、それも望めない超金食い虫の政府にお金を食わせると思うと、それは健全なビジネス精神を持っていても、人間の生き方と方針にも嫌悪感を感じると思いますね・・

そんななか、世界中で今、注目を浴びているのがシンガポールのようでして・・・
(私から見ると、ちょっと調子に乗りすぎじゃないの?と思う節もしばしばですが。)

ただ、事実として、人間には生命と時間が有限なので、その有限なものをどう使って生きるか?
と考えると、ふつうは一生懸命、働いて会社を経営しても、従業員の生活を支えても、自分自身と家族が幸せになれる先行きが見えないのならば、それは人間の本能と常識的な欲望として「最低限、妻や子供、自分も含めて家族を幸せにしたい」という国籍は関係なく人間の本質的な欲求があります。

ですから、それが日本国内で望み、努力をしているのに、その実現が困難だと感じ判断したら、経営者的な日本人の人々は誰かに幸せを少しでもつくるための資源がある場所へ、家族とともに自分が引っ越しするのではないかと思います。
日本の政治家は自分の元にいるすべての人の家族を幸せにするという気概と覚悟、理念がないので、国民が離れていくのは仕方ないと感じます・・・。(泣)

2011 年 7 月 10 日 日曜日

54人が集まってつくった作品に感動する音楽DVD

え~と。
正直いうと、2週間前に日本出張でいて、帰りの成田空港で、なにか新しい音を聞きたいと思いまして、
内容よくわからなくて買ったのがこのCD&DVD.

そして、忙しくて今日までプレイしないでいたのですが、

今日、観て!

すんばらし~~~~!

この映像はこのブログではご披露できないので、とりあえず、タイトルだけは皆さんにお伝えしましょう!

Let’s Try Again! 
by team Amuse

なんか、私の尊敬するアーティストの桑田さんがリーダーシップとってレコーディングしています!

はい、皆さん、買ってね! これは全て売上が日本の東北義援金になるそうです。
齋藤Kaz

桑田さんの世代と現在の30代、40代、そして20代がコラボしていて、こういう日本政府と社会ができたら素敵なのになあと思いますが。

2011 年 7 月 7 日 木曜日

2011年7月7日七夕 会社設立7周年 大感謝ディです。

先日、日本からいらした有名企業の取締役の方とディナーでミーティングをしていて、言われて気が付きました。「もうすぐ、7周年ですね!」

そうだった・・・いつも進出企業の設立記念ばかり気にして、お花を手配したりしていたので、自分の会社を忘れていました・・・。

私は個人の誕生日も30歳すぎてからは、これまで自分を支えてくれた人、ひとりひとりに感謝する日にしています。

私が立ち上げたThe Incubator Institute Pte Ltd も同じであり、この日には、これまで支持して頂いたクライエント企業の方、一緒にプロジェクトの仕事をしてくれた仲間の人、スタッフ、経営者のメンター的な飲み友達の先輩、そして、結婚もしないで会社を生んでシンガポールで会社子育てしている娘を心配している両親に感謝する日だと決めています。

7年は、確かにいろいろありました。
もう、会社を閉めて、日本に帰りたいと泣いた夜もありました。
しかし、ここであきらめたらビジョンの実現も終わり・・・
そう思うと、あきらめずになんとか苦境を乗り切るしかないと思い直し、他人にプライドなんてなくて、ヘルプをお願いしたこともありました。

また、創業当時から、当社のウェブサイトを支援的に制作してくれた、クリエィターの中山利勝さんには感謝しております。日本からの場合、ウェブサイトを見て、お問合せを頂く機会が多く、これも中山氏の実力だなと感じています。

プライベートがあまりない、私には友人や先輩にほぼ、仕事がらみでサポートしていただいており、本当に今日、この七夕に感謝をして空を眺めるつもりです。

また、実際にこの会社を「死なせずに生かしてくれた」のは、クライエントのお客様企業であり、本当に振り返ると涙が出そうです。(T_T)
ひとりひとりに近いうちにきちんと7周年を報告して、お礼回りしたいと思います。
小さな会社の経営者なので毎日の業務提供でもプレイヤーですから、誕生日なんて忘れてしまうのですが、この日だけは静かに振り返り、ひとりひとりとその仕事を思い出し、感謝する夜にしたいと思います。
本当にありがたや・・人は人によって生かされていると痛感します。

あと、つい先々週、東京にいてソフトバンクのCMでSMAPが出演しているCMがあったのですが、個人的に大好きなロコモーションのBGMでとても素敵な出来で、これもありがとう~。孫社長~という感じです。笑 
シンガポールの雰囲気がでていてとってもいいので、ぜひ、ご覧下さい。

両親には「7周年になりました、ご心配かけてきましたが、どうもありがとうございました」と先ほど、電話しました。
ごめんなさい、ふつうの娘じゃなくて。(-_-;)

齋藤一恵 2011年7月7日
P.S.今日はスタッフと一緒にChijmes Hall で行われる、ワタベウェディングさんのお披露目パーティに参加します!

2011 年 5 月 30 日 月曜日

日本のためにこのアジアの立ち位置から、日本企業の海外進出を丁寧に支援する。

当社は、これまで多くの大手企業へ、海外拠点の人材育成研修や人事規定、人事制度系のコンサルティングを専門に仕事をしてきました。
1年半前から、当社の創業当時からのビジョン「日本人をアジアのグローバルリーダーに」という思いで、日本の中小企業向けシンガポール会社設立を支援してきました。

大手企業のアジア拠点のニーズと、これからチャレンジする中小企業のビジネスオーナーとでは、まったく彼らが欲しいニーズが違います。
大手企業のほとんどは、すでにこの20年くらいの間に、シンガポールには拠点と組織があります。そこには、すでに総務部、人事部のスタッフがいるわけです。

しかし、日本の中小企業の場合は、本当に初めての海外進出、そのご担当者は初めての海外生活という事情なのです。
両者の会社の海外展開のステージが違うので、それぞれの悩みや課題はまったく違うものです。

日本の中小企業のオーナーやご担当者にとっては、ある意味、「海外で起業する」というステージで、昔は大手企業の商社駐在員が最初に外国へ飛ばされて、乗り込んできたときと同じことに直面しています。

今では大手企業の場合は、社内に海外進出のノウハウや、海外赴任した人材が社内にいます。しかし、中小企業の場合は、そのノウハウも人材も社内にない、というのが現実です。

ですから、その心情を理解したうえで、色々な細かいサービスを企画して実行しています。
それは、私自身がひとりでシンガポールに乗り込み、会社を興した経験があるゆえ、そのご担当者の立場と気持ちがよく解るからです。

そんなわけで今、当社では新しい事業部をつくるために毎日、準備をしています。
どうか、被災地の企業さん、そして、被災地以外でもさらに会社の売上を元気にするためにアジアに進出したい中小企業さんに、何としてもアジアで活躍して頂き、日本を元気にして欲しいと心から想っています。

また、日本の若いベンチャー企業の経営者の方たちにも、どうか、シンガポールをフル活用してうまく、今後のインド、インドネシアを含めた
アジア展開をうまくやって、日本代表でさらに成功してほしいです!

近日中に新しいサービスを発表できると思いますので、もし、シンガポールのメリットを活用してアジアのマーケットに挑戦したいと思う企業の方は、ぜひご相談ください。
全力で、課題解決のために多様なブレーンとチームになって、その企業の事業目的が達成できるように尽力します! 

2011 年 5 月 17 日 火曜日

私のブログで2年連続毎月ナンバー1のアクセスブログページ

実は・・・毎月複雑な思いなのですが。うちの会社は人事管理&育成系の会社なのに、ブログでは結構、齋藤のプライベートで出会ったものや人をゆるくご紹介しているページのほうがアクセスが高いみたいです! (ま、実は堅い話よりも生活センスの話のほうが好きなんですが。)

しかし、こちらの会社サイトに付随しているブログの意図とは違ってこの2年以上、毎月のアクセス数が高いのは、このページなのです。
「シンガポールで本物マッサージ」

日本人は本当に多くの人が疲れているんだなぁ・・と、これを確認するたびに実感します。
シンガポールで激務を続けてきた、余裕もない自分の姿の恥じを覚悟でブログに書いたことがきっかけでした。
日本人のビジネスマンは、人に疲れを見せずに「24時間働きます!」という感じで元気を演出しないとならないのが営業。
女とはいえ、男社会のなかで闘うには、その教えを守っているといつの間にか、体が重たくなるんですね。
(いえ、体重が増えたわけではありません。(ー_ー)!!)

政府なら国民、会社組織なら社員をいつも疲れさせる組織には人材マネジメントの方法に問題があると思わずにはいられません!(-_-;)
(あ、すみません、私の場合は自分で起業したタイプなので、組織に属する方とは違う働き倫理でして、それは仕方ありません。)

実際、このマッサージに関するページが毎月、340人~500人位が訪れるページビューがあるのです。
日本、シンガポール、その他の国の方から、実際にこのお店のお客さんになった方が、なんと60人以上いるとのことで。びっくりしました!

驚きです。みなさん、日本人は本当に疲れているのだな。。と。
一方で疲れてへとへとにさせる会社組織もあまりよくないな~と人事コンサルの私としては複雑な思いで、毎月のアクセス解析をみて感じています。

一方で、日本でも急増しているらしいですが、「疑似被災者」なる人が増えて、精神的にダメージを受けて、免疫力が低下して、
体調を崩している人が、東京でも増えているらしいです。(東京の友人、ソーシャルワーカーから)

実は、私も震災後の3週間、眠れずに、NHKのニュースを寝ても覚めてもチェックしないと気が済まなくて、震災地の人と同じ気持ちでいました。
今考えるとおかしいのですが、何かあった時に送れるように、乾麺、カップラーメン、保存がきく牛乳、保存用御飯を買いだめしました。。

その後、1カ月を過ぎたころから、体調が変になりました。 やはり、病は気から。 私の気持ちはすでに2ヵ月前からずっと日本に飛んでいました。
で、これをきっかけに来週、人間ドッグにいきます。 別のページでは日本の中小企業おアジア展開を支援して、日本を中長期的に
支援していくことを覚悟したのに、私、だめですね。苦笑

2011 年 5 月 7 日 土曜日

Asia地域優秀人材シンガポール人マネージャー育成に必要なこと

この7年間、シンガポールの日本企業の人材育成のプログラムの仕事をしていて、感じることをつぶやきます。
ある一企業だけの話ではなく、社会人になった大人というものは、やはり各国の育った環境や社会の仕組み、文化、家族の価値観から現在の働き方への価値観が形成されています。

ですから、いくら日本企業に就職しても、自分の家庭と育った社会の価値観が最優先事項として基盤にあるわけです。
これは、日本人も同じ。

しかしながら、それを外国で日本人の自分と同じことを言わなくても解ってくれるだろうと思うのは、大間違いでして。
きちんとこの会社に出勤した時間からは、この会社のルールと価値観でやってくださいと伝えれば、解り易く、それに従い仕事することは難しくないのがシンガポーリアン。

しかし、日本人の幹部は、そんなこといちいち説明してお願いしなくても、マネージャーなんだから、できるだろうと「過大期待」しているのが、よく見られます。
そして、組織がうまく連動していない企業の日本人からは結局、
「シンガポーリアンのマネージャーはだめ。リーダーシップもとれないし、次工程のことなんて考えてないから、日本人の私達がすべて次の問題解決するしかない」とおっしゃいます。
さあ? これはシンガポーリアンだけに原因があるのでしょうか?

2011 年 3 月 30 日 水曜日

【訂正情報】日本政府は民間の力を復興へ活用するべき~シンガポール寄付金所得税控除の場合~

★3月30日午前10時までに開示していた内容に誤解を招く記述がありましたので訂正してお詫びします★
シンガポール国内団体を通じて日本震災義援金に寄付をしても所得税控除が適用されないという情報を公共団体IPCに確認しました。大変申し訳ありませんでした。~

シンガポールという国には、仏教、ヒンズー教、イスラム教、キリスト教などの多様な宗教を持つ人たちが一緒に暮らしています。
しかし、宗教を大切にしている人たち=人として生きる道とその価値観を他者と共に大切にしている人達であります。どんな宗教であれ、彼らにとっては今の日本の悲惨な震災被害の状況からして、ここシンガポールでも日本を少しでもヘルプしよう!という動きが民間で活発になっています。

シンガポール政府は制度としても、社会的な弱者やコミュニティの問題に取り組む組織、NPOやNGOの活動に対して,チャリティ寄付活動を市民に奨励しています。

具体的には寄付金額の2.5倍の金額が所得金額から控除されます。
(しかし、残念ながら今回の日本への募金は「海外へのチャリティ対象」なので所得税控除は対象外とのことでした。)

このブログでは所得控除が250%だから、ぜひ寄付しよう!と言うつもりはサラサラないので、誤解頂きたくないのですが。
この制度を確認し、いち日本人としては、なるほど政府の賢い社会制度と奨励策に妙に納得してしまい、ボランティア団体が多くある日本政府は真似するべきだと思い、このブログを書いています。

特定の人による利益追求ではなく、社会の質を高めるための活動をしてくれる組織には、民間からの資金が使われるような仕組みにして、政府が管理運営の資金援助や維持の面倒をみなくても、民間から自然派生的に動機づけされてNPOへ資金がめぐるように制度をつくっているということ古代チンギス・ハーンの言葉そして、高所得の人にはこういう社会サービスに資金をどんどん、だしてもらいましょうということです。そして、忘れないのはそういう人を社会では賞賛します。

ここが、日本政府の寄付に関する政府の仕組みとシンガポール政府の仕組みが大きく違うところ。国民、民間社会の人々への動機づけを政府が制度として用意することで、寄付金の流れがサラサラと流れて、寄付した人も寄付された人もその組織もハッピーな仕組み。
さて、各国の寄付制度を調べたことはないのですが、まずはシンガポールで寄付した後、経営者や経理担当にとって気になる、シンガポールでの寄付に関する政府奨励、税金控除制度の要点をお伝えします。

<所得税控除の対象となる寄付の種類>

• Cash Donations 金銭による寄付(広告目的がないもの)
• Shares Donations 株式公開している会社株の寄付(個人株主限定)
• Computer Donations コンピューター機器物資による寄付
• Artefact Donations 美術品等の美術館への寄付
• Public Art Tax Incentive Scheme 公共施設への彫刻美術品の寄付
• Land and Building Donations 土地と建物の寄付

<シンガポール所得税控除制度>
シンガポールでは基本的には寄付金額の2倍額の所得控除制度でしたが、その後、2009年1月より、現在は寄付金額の2.5倍の金額を所得金額から控除する制度が実施されています。
2011年の財務大臣からのシンガポール予算の発表により、これをさらに2015年の12月31日まで適用を延長し、シンガポール国民、居住者による積極的なチャリティ活動への奨励制度がアナウンスされました。

<所得税控除を受けるための注意点>

所得税控除の申請はこちらで確認:IRAS Donations and Tax deductions

寄付先のチャリティ活動をしている組織がシンガポール指定の機関Institutions of a Public Character (IPC)に登録認定されていることが控除の対象となる基本条件。
このIPCオンラインから寄付をすると、寄付をする人・企業のID番号:NRIC/FIN/UEN が確認されて、税控除のためのレシートTax Deduction Receiptsを発行してくれます。
その後、IPCが税務署へ、その人・企業が寄付をした記録を送信してくれて、税金控除の申告が同時に可能で、あとで申告する手間が不要なのです。
“さすが、シンガポールのe-ガーバメントです!! “

残念ながら、個人納税番号がない+各省庁のIT化、情報連携ができていない日本では到底、真似できない技ですな・・・複雑な気持ち。

以前から日本のNPO団体への寄付文化や税制の問題点を指摘している人は多いのですが、残念ながら、思い切った奨励策が採用される様子がありません。今回の震災義援金のうねりから、政府が制度改革に動いてくれるといいのですが。

そもそも、社会で起きている様々な課題やコミュニティの問題すべてに行政が問題解決サービスを提供するのは不可能であり、行政がやらないほうが効果の高いサービス活動もあります。今の財政難の日本政府にとって、この震災復興資金は政府だけでカバーすることが困難なことは想像に難しくありません。
ちなみに日本の場合は、日本赤十字社など特定公益法人等への一年間の寄付金の合計から、5千円を差し引いた金額が、年間所得から控除されます。

個人的には、世界中からの支援が集まる超大手赤十字さんには災害時の医療系支援をお任せして、行政の手が回らない部分の自治体、地域住民支援にはいっていく小さなNPO, NGOに活動費を支援し、復興のためのステップに使ってほしいので、日本のそういったNGO団体にも寄付をしました。
ぜひ、定期的に?段階的に分割寄付していけたらいいですね。

正直、この2週間、震災と原発事故ニュースで眠れない心労を重ねた日々を過ごしましたが、被災していない私が落ち込んでいてはあかん!と気持ちを入れ替え、支援金も一度ではなく、今後の復興段階にあわせて、この元気なアジアから支援していけるようにビジネス頑張るぞ!と心を入れ替えました。

<ご注意> シンガポール国内団体を通じて日本震災義援金に寄付をしても所得税控除が適用されないという情報をIPCに確認しました。

シンガポールお役立ちウェブ 日本のためにシンガポールから出来ること シンガポール国内のチャリティイベント情報を網羅してます。

2010 年 12 月 17 日 金曜日

12月14日のNHKニュースウォッチ9に出演しました!

12月8日にTii主催の「シンガポール進出セミナー」が盛況に終わりました。
それとは、まったく別ルートで、管総理が法人税5%減税を決めたことのニュースに関連して、シンガポール進出セミナーを企画開催した齋藤のところに取材申し込みの電話が来たのが午後2時過ぎ。その2時間後には渋谷オフィスで撮影。

撮影が終わったのが6時前で、その晩の9時からのNHKニュースウォッチ9放送でした。
報道のお仕事をされている人は、すごいですね。本当に時間との闘いのなかで、意思決定をして、編集作業してすぐにオンエア!

トップニュースにでたので、たまたま観た知人、友人は驚いてTwitter やメールで連絡くれました。私自身は撮影が終わって、実家に連絡するくらいしか予告できませんでした。(^_^.)
しかし、その日の私は、実はビジネスアポのない日で、秋葉原で開催されていた「グローバル人材シンポジウム」経済産業省主催 に参加していたもので、本当にカジュアルな格好で・・・ジャケットを買いに走る暇もなく。笑

NHKディレクターの方は、法人税を40%から35%に減税したら、日本企業にとって魅力のあるものなのか?という視点で、Tiiが開催したシンガポール、海外進出セミナーに出席した企業や今後、加速しそうな企業の海外シフトの現状から、どうなのか?シンガポール政府と国の魅力はどんなところなのか?という質問をされました。取材時、40分くらい色々とインタビューを撮影したのですが、最後は切り取って1分くらいの放送だったようです。

最初は、「法人税40%から思い切って、5%にしたのか??」と驚いたのですが、実はたったの5%削減。一方で、個人の富裕層には増税となり、この売り上げがあがらない国で、富裕層の儲ける力の高い人たちに不満を高める負担を強いるのはどうなのかな?と個人的には思いましたが。
シンガポールは逆に、富裕層の人たちにとって魅力ある税制にしており、優秀で儲ける力の強い人たちに稼いでもらい、そのうちの16%(他国に比べて低い税率)を支払ってもらうことで、優秀な人や企業=お金を儲ける力の強い人や企業をシンガポールに惹きつけている、シンガポール政府の税制。

例えば、サラリーが20万円の人から高めの30%の所得税をもらうよりも、100万円の人から低い税率で16%のほうがキャッシュとしては高い税収が入るわけで、高収入の人に、その都市に住んでもらい、低率の税金をきちんと払ってもらったほうが、結果、国にはいる税金は多くなるわけです。
富裕層の人は、税率が高いとその払う実質の金額も相当多額なわけで、やはり支払うときには負担が大きいなと実感するのは人間ですから、当たり前。富裕層の人の収入とは、それなりに必死でビジネスをしたり、節約して利益をあげた成果なわけです。
ほとんどの人は必死に努力して稼いだ大切なお金ですから、税率の低い国や、子供への贈与税がない国へ移住したいと思うわけです。
日本の政治家や政府の人は、どうも人間の心理に鈍感というか、想像力が欠落しているのでは?と感じてしまいます。

2010 年 11 月 14 日 日曜日

グローバル化を一気に加速するための「シンガポール進出セミナー」@東京開催

私がシンガポールで会社を設立した当時から、「日本のベンチャースピリッツのある企業のグローバル化、シンガポール進出を支援したい」というビジョンがありました。
今回、実現できることになったのは!

日本の中小企業、ベンチャー企業対象
 「グローバル化を一気に加速するためのシンガポール進出セミナー」の東京開催です! (やった~!)

日本商工会議所のウェブサイト、トレンドボックスでもご紹介頂きました!感謝!

日本経済を支えている中小企業の経営者の方たちが、海外進出と自社のグローバル展開に挑戦し、どうかこの日本の不況を打破して成功してもらいたい。中小企業にグローバルな成功を獲得してもらい、日本の経済の基盤を支えている中小企業に強く希望をもっていただき、日本を元気にして欲しいという思いです。 また、日本の若い人達に、海外で活躍する若い世代の日本人経営者を見て、将来、グローバルに活躍する夢をもってもらいたいです。

今回のセミナーの目的には、ありがたいことに協力してくれる企業が次々と現れて、オーナー経営者は意思決定が早く、「よっしゃ、それならうちはこれを協力するよ!」とリソースをもちよって頂きまして、やはりオーナー経営者は粋な行動ができるものだと、感動しました。 

中小企業の自社の強みをアジアマーケットに打っていくためにシンガポールを玄関にした賢いアジア地域への展開の方法と、シンガポールビジネスの正しい情報をお伝えします。
ぜひ、具体的なアジア市場進出計画のきっかけにして頂けたら幸いです。

シンガポール進出セミナーの詳細はこちら。
日本のベンチャー・中小企業のグローバル化を一気に加速する
「シンガポール進出セミナー」東京開催

日時: 2010年12月8日(水) 14:00 ~ 18:00
会場: 東京・西新宿 アビバコミュニティ アビバホール 詳細: http://www.avivaco.jp/   *セミナー終了後、講演者、シンガポールビジネス関係者と名刺交換して頂けます。

    ”アジア進出を計画したい経営者の方は、是非ご参加下さい。”

2010 年 10 月 24 日 日曜日

シンガポールで勢いのある日本人ビジネスマーケッターを見つけました。

先日、シンガポールのシティにあるショップハウスにて、日本から視察ツアーでいらした日本人オーナー経営者25人との交流会がありました。

この開催場所になったのは、Satisfaction Guaranteed という日本、アジアでもファッションリーダーたちに話題のアパレルブランドのお店+カフェ&Barというコンセプトのお店。オーナーの加藤さんからは聞いてはいたのですが、やっと実際にお伺いすることができました。

なんと、2階部分は日本的メイドカフェ。
そのメイドカフェのある2階部分で日本の各地方からいらしたスーツ姿のオーナー経営者たちと交流。

最初、そのスペースにはいった瞬間。

そのピンクと白のカラーコーディネート、椅子にはピンクのモヘアクッションに座っているおじさま達とのマッチングに違和感あり、思わず、
「いや~、このピンクのインテリアと皆さんのギャップが面白いですね~」と
笑って着席した私でした。(笑)
当事者の紳士たちもそう感じていたようで、そうなんだよ~と言いたげに恥ずかしそうに笑っていました。

そこでは、シンガポール在住者の日本人と日本の各地方でいけているオーナー経営者たちが名刺交換して、いろいろな話で盛り上がっていました。
途中、室内温度がすごい上がり、暑いな~と思い、私は思わずスタッフに「エアコン温度をもっと下げられる?もう、すでに皆さんが熱いぞ!」とエアコン調整をお願いしたくらいでした。(毎度、イベントプロデュースをしている私としては来場者とそれによる主催者の印象を気にかけてしまうもので。。)

そして、この交流会をアレンジしたのは、加藤順彦ポールさん。

彼は2年前にシンガポールに移住していらして、その後、若手のベンチャー事業の資本化、ご自身でも事業家である。

こんなパワフルな日本人若手リーダーがシンガポールに来てくれて、私はとても嬉しい。
加藤さんは、シンガポールだけでなく、彼を信頼する事業家や投資家のために、シンガポール以外のアジア諸国、中国までも飛んで走っている。

私は、シンガポールにきて9年だが、このタイプの日本人にシンガポールに来てほしいと祈っていた。

交流会後の経営者数人とご飯食べた後。いろいろな話をしたが、日本の中小企業オーナー経営者もほんと、遠くから見ている日本の中小企業のイメージと違った。言っていることもライフスタイルもクールで情熱的で素敵でした。

加藤さんのパワフルかつ情熱的な、「もっと行こうぜ、日本企業はイケルぞ!」的ビジョンに皆さん、勇気づけられて脱帽です。個人的には加藤さんのマーケティング的、ポジティブコーチング的な感性と行動に尊敬の念。

普段はお会いすることはあまりないのですが、Twitter でいろいろな兆しを発信している「国境越えて走るマーケッター」みたいな人ですね。
ぜひ、シンガポール、アジアでマーケティングしたい人は、まずは加藤さんに相談してみるといいかも?です。

space