インキュベーター・インスティテュート齋藤一恵のブログ

‘シンガポール生活で見て感じたこと’ カテゴリーのアーカイブ

2013 年 5 月 19 日 日曜日

シンガポールの少子化対策の政策と在シンガポール日本企業に関連する法改正(1)


2012年、シンガポールの出生率は、日本の1.39( 2010年だから現在はどうなのか?)の出生率よりも、さらに低い、0.78になってしまった。長年、1.1人くらいは維持して来て、昨年、いきなりガクッと下がったようです。これは、一組の夫婦に1人の子供が不在ということだ。
http://www.indexmundi.com/g/g.aspx?c=sn&v=31

そんな背景と評論的には言ってしまうが、シンガポール政府はすでにこうなる予測を立てていたうえで、結果の前に2012年から政策を早急に打ち出し、さらに子供を産む働く女性、男性、すなわち子供を産み育てる両親へ支援制度をさらに追加。

というわけで、実際に条例として企業への義務付けを施行。その一部が今月、5月1日から施行されました。

普段、企業向けに就業規則、福利厚生制度のアドバイス、策定支援をしている当社では、本来、先に情報発信するべきだったと反省もあり、このブログで具体的にお伝えしたいと思います。

また、企業側、いわゆる雇用主側が従うべき条例の法改正による義務のほかに、普段、日本人経営者があまり関知していない、社員側が受け取る福利制度についても、あわせてお伝えしたいと思います。

それによって、日本の働く女性、家庭をもつ男性社員にも何ができるのか? 
そんなことも考えていきたいと思います。
まず、最初に在シンガポール日本企業の経営者へお伝えしたほうが良いことを先に伝えていきます。

2013年5月1日から施行になった、企業の義務について。

1) これまで、ゼロ歳から7歳の子供を持つ両親に年に2日、育児有給休暇を義務付けていましたが、これを子供の年齢12歳にまでに変更しました。
2) これまでの育児休暇制度に追加して、母親、父親が共有できる育児有給休暇1週間を新設しました。これは、2013年5月1日以降に生まれた子供を持つ市民に適用されます。
3) 2013年5月1日以降に生まれた子供を持つ父親には、その子供の出産に対して一出産に対して、1週間の父親出産休暇を認める休暇を新設しました。

まずは、日本企業の義務にとって影響のある改正条例をお伝えしました。

2012 年 6 月 13 日 水曜日

シンガポールは国家戦略として次の成長ステージへの大きな変化の舵取りを実行中

ブログは、あまりに時間を空けると書けなくなるものですね・・・(汗)
Twitter やFacebook で投稿していると、どうもブログが後回しになってしまう私の怠慢。(^_^;)

さて、今日からは2週間に一度、目標は1ヶ月に3本はコラムをあげていきたいと決心をして、今日は反省と共にコラム的ブログを書きます!

Singapore goes to next stage

この書いていない間にも、シンガポールやアジアはすごいスピードで変化がありました。
ニュースの新聞社は本当に毎日、どの記事を取り上げるか悩むような変化のある時期だと思います。

シンガポールの大きな変化としては、国の成長度と評価が高まったと認識し、その後、政府の方針の変化が顕著に内向きになり、産業界の現場ではこの1年近く、産業界リーダーから色々なとまどいの意見がメディアや現場からも聞こえてきました。

ただ、この国は、今、次のステージにのし上がろうとしている状況のようです。

これまでは、自国から外へ売るための資源もない小さな国が、人材の価値を高めて、資源としてきた戦略のなかで、外資を40年間、誘致して自国の国民に雇用の機会を与えて、自国民の経済的な生活レベルの向上を達成してきました。

政府は一生懸命に国民の教育、社会秩序、経済活動、シンガポールの世界的ブランドの向上のために力を尽くしてきました。

そして、世界ランキングで上位を占めるようになり、政府はやっとここまで来たぞ!
「今こそ、これからシンガポール人がビジネス界でも主役の時代へ突入するのだ!」
という戦略的なシナリオへ着手しているという状況です。

その実行部隊が動き始めたのは、2010年後半からで、特に外国人の就労ビザ許可数を緊縮したのは、2011年1月から。

そして、2012年の7月からさらに審査の基準を高くすると予告しています。

しかし・・・
Business Times などで見る限り、外資の金融業のトップの複数は、
「もちろん、この国の政府の方針に従い支援したい。しかし、、、急にリーダーの人材をシンガポール人に変えたとしても、グローバルなマネジメントが機能できるのかどうかは少し心配なので、時間が必要だ」という感じの意見が多いのが今日この頃。

Singaporean, How will uou build it?

一方で、日本企業の業界では、すでにシンガポールに来てから歴史のある企業でも審査基準が高く、そこの会社で働く現地採用の日本人の給与がインフレにあってもあがらない現実もあり、これまでのEPが更新できないケースも勃発しているのだ。

こんな話は私はこの10年で聞いたことがない。
まさに変化の時で、日本企業だから優遇されていると安心はできないシンガポールなのだ。 一方で相対的に日本の価値が下がっている危機感を感じています・・・

2012 年 2 月 4 日 土曜日

アジア・シンガポール進出と企業の赴任者選定について

この2年間、いろいろな企業のシンガポール進出、ついでインドへの進出について相談にのってきました。当社は、インドは現地の専門家とのコラボなのですが、
シンガポールに関しては、携帯電話の契約やゴム印、名刺の作成など、ほとんどの業者が面倒がる細かいこともお手伝いしています。

みなさん、生まれて初めての海外赴任、そして、その国で生活するわけですから。
その気持ちは、私が1992年にオーストラリアに行った時のことを思い出し、その細かい不安などを想像しながらサポートしています。

まして、中小企業とはいえ、個人で立ち上げた場合を除き、上場していれば、会社の看板を背負っている以上、小さなことでかっこ悪いリスクは踏みたくないと思います。

私は、ひとりでシンガポールに乗り込み、会社を立ち上げ、今に至っていますが、いくら先進国顔しているシンガポールでも、その過程では相当にかっこ悪い、理不尽でいやな経験がありました。

だからこそ、そういうストレスやジレンマに悩む時間をつくるよりも、当社でそれをすべて手配して、あとは営業に集中して本業へ時間と精神を使ってほしいという願いです。

そして、長年、シンガポールで日本人の企業を見ていての結論として。
最初の赴任者の選定で間違いないのは。
「若くてリーダーシップがあり、人間的魅力がある人材」です。

とにかく、相手が何人だろうが、その人のことを尊重して、その人が自社にとってどんな有利な能力をもっているのか?と、冷静に考える頭と、最初にその人を検討するという受動力が必要。

なぜなら、なぜか50代以上の日本人は、「アジア」に対して卑下する感覚が時代的にあるようで、今の20代、30代なら、別に対等にローカルと対応できるのです。
いくら、海外初心者でも、そのうえの年代の人達には、アジアの人達を無意識に「下」にみる意識があるようなのです。ですから、雇ったスタッフも、仲間ではなく、「労働者」。

一方で、いくら、大手の弁護士事務所や、会計事務所へ会計業務やなにかを依頼しても、赴任者の家さがしや、子供の幼稚園さがしの見学、携帯電話の申し込み、水道関係の要望、名刺の注文、ゴム印の注文なんて、不動産会社の高い物件を売る営業以外の人には面倒がられます。(^_^.)
それで、当社では有料でコンシェルジュサービスをつくりました。

ということで、オーストラリアで生活、ほかの国でも海外出張や1か月くらいの滞在体験を多数してきたような私でも、シンガポールへ乗り込んでビジネスを立ち上げるとなると、小さなことが沢山、大変なストレスだった経験をしました。(特にサービス業の業者)

それゆえ、私ならではの海外留学や駐在の相談、手配を相手の立場の想像ができて、必要な手配が得意であり、初めての海外駐在もすべてコンシェルジュチームに監督しながら、私自身もお手伝いしています。
でも、そうしないと、大手と違って社内の人間が現地で「いらっしゃ~い」と待っていて、その人のために準備して動いてくれるわけではないので開業、営業スタート状態をつくるのは、英語や文化、商習慣の違いもあり、ひとりでは大変なのです。

日本の中小企業さんが、アジアで活躍することで日本のプレゼンスを高め、中小企業の社員と家族が自社の凄さに自信を取り戻し、活躍してくれる日が来ることを願って、私たちも頑張ります。

2012 年 1 月 26 日 木曜日

シンガポール日常での出会いと幸運?

今日は夕方、仕事が片付いて、愛犬の散歩していたら、近所のインド人マダムに「あなた、今日、うちのディナーにいらっしゃいよ」と誘われて。
「20:15にうちにいらっしゃい」と言われた。

特に予定のなかった私は「は、はい・・・」と。

そして、素敵なおうちのリビングへ。
(愛犬は置いて行った。)

リビングルームは、まるで高そうな、日本人向けの高級カラオケラウンジ風。

ビール?ウィスキー?ワイン?と聞かれて、
とりあえず、ビールで。(超日本人だな。)

その後、マダムがウィスキーを飲むことがわかり、
私もウィスキーをソーダ割りで頂きますといって、
いろいろと、最近のエレベーターでの問題出来事や、日本での滞在体験を話した。

そして、そのインド人マダムのインド人旦那さんが、私のマンションのオーナー理事会の理事だったようで、話したら、4月ごろから、日本メーカーのフジツーリフトに変えるという、ほとんど、決まりそうな話だよ。と教えてくれた。

ぞれは、富士通じゃなくて、「フジテック」じゃない?
と聞くと。あ、そうかも。とおっしゃった。

じゃ、早く、お願いですから変えてくれと。 そうでないと、子供とか、病弱な老人が私のような立場で被害者になったら、最悪ですよ!!!!!
と訴えた。

しかし・・・二人とも私が真剣になるほど、笑うのだ。
「笑い話やジョークじゃないのだ!」と訴えてみる。

すると、紳士の旦那さんは、私の体験談に笑いを抑えながら「そうだね。わかったよ」と。

なんだか、ご近所のインド人から、よく誘われる私なのである。
ついでに、「私たちは前世でつながりがあったんじゃないのかな」と言われる・・ インド人に言われるとなんだか本当らしく思えたりして。

そして、先日、エレベーターで大問題があった私の経験を話したら、そのマンションの決議のキーパーソンだった。
なんだこれ? 気持ちわるいけど、神様、ありがとう♪ ですな。

2012 年 1 月 17 日 火曜日

海外赴任者へのマインドセットの重要性

最近、思うこと。

日本で成功したケースの中堅企業が、シンガポール法人へ選抜されてシンガポールにいら​した赴任者はシンガポールに来ても、日本の自社の成功モデルと日本の常識を通そうとうするやり方がとても強いのです。

日本で成功した、私のキャリアの方法だから、シンガポールでもこれは通用するはずだし、当り前でしょ? という感じのご担当者が、大手企業ではなくて、中小企業でもいらっしゃいます。

海外にいらした方へ、当社ではこの場合、私は正しいことをしているのに・・・(確かに日本ではそれが正しいし、素敵。)でも、その方の日本でのキャリアの正当性を説明されて、シンガポールでこれをやっているのにシンガポールでうまくいかないといわれても。

どうやって、「いや、顧客も従業員も日本人ではありませんから・・・」とつっこむタイミングを作るか、結構、精神的にも苦労しています・・・​。

これは、本来は海外へ赴任する人へ、本社が「海外に行ったら、そこの現地の人を尊重するべし」という大切なひとつのことを会社上部から教育、マインドセットしないと無理です。

困るのは、その後のその企業さんなんです。  
結論は、海外に赴任させる前に本社から、「海外​に行ったら、現地の人を尊重するべし」という、この一言を最低限、念押しする教育をしてから海外に送ることが大切だと思います。​ 
英語の研修よりも、その外国で生活して、ビジネスをさせて頂く以上、その国の人が大切にしている価値を知ること、そして尊重、いわゆる人間尊重、人権尊重を理解することが基本です。

こういうことが、グローバル経営とグローバル人材育成のふもとでは小さくても大切なことだと思います。
ご本人もよけいなプライドとストレスで苦労してしまいますから。

2011 年 11 月 20 日 日曜日

シンガポールで開催したASTD

表題の通りでして。
アメリカでは、この展示会はすごい規模でして、それをシンガポールで初めてマリーナベイサンズのコンベンションセンターで3日間開催しました。

しかし・:・展示会場には、不思議なくらいにシンガポールの研修会社が出展しておらず、数があまりにも少なくて、とにかく、ブースの数もそうですが、
来場者もまばら・・・

基本的には、セミナーが主体ですが、通常、こぞってくる、アメリカのリーダー的な研究関係会社がほとんど、来ませんでした。

そうか~と。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

一方で、閑散としていた展示会場では、頑張ってJapan から出店していたのは、
サイコム ジャパン。
社長もイベントでは、スピーカーとして活躍されていらっしゃいました。

サイコムさん、海外でぜひ頑張れ~~!

2011 年 8 月 26 日 金曜日

Facebook “シンガポールビジネスコンシェルジュ ページ” OPEN!

シンガポールを拠点に人事管理・人材育成コンサルティングサービスを日系企業の海外拠点向けに提供してきた、インキュベーターインスティテュート(Tii)が、日本の地方の中小企業向けに、シンガポール進出前から法人登記、会社設立、開業後の支援をトータルで提供するサービスを開始しました!

会社設立後からは、ローカル事情にどうしても疑問が多い初年度1年間に、シンガポール総務、経理の実務経験が豊富な日本人女性からなるコンシェルジュチームが味方となり、サポートします。 すでに営業している企業のグループ会社、子会社様のシンガポール拠点新規セットアップにもぜひご活用ください。

それに伴い、Facebook のファンページをOPENしました!こちらです。 「シンガポールコンシェルジュ」Facebook pageつい2日前にオープンしたばかりで、まだコンテンツが少ないのですが、
他のサイトとは違い、日本人からみて、シンガポールビジネス、アジアのビジネスのヒントになりそうな情報にフォーカスして、ビジネス視点で情報発信していきます。

ぜひ、皆様、「いいね!」とご支援頂ければ、毎日、日本のために役に立つだろうか?と悩みながら、情報を収集するスタッフにとって大きな励みになります。

東日本大震災の被災地の企業さんには、当社の支援サービス料金のうちの50%をキャッシュバック致します。どうか被災地で沢山のものを失い、何から手を付けたらいいのか将来が見えない中小企業の経営者の方達にアジア進出という手法で再起を図る方法を提示して、心から応援したいのです。
そして、被災地の企業さんのアジア進出成功モデルをひとつだけでいいので、創出するためのメンバーになれたらスタッフ一同、本当に日本人として生きていて幸せです。

2011 年 7 月 30 日 土曜日

最近、シンガポールには、日本から色々な人がやってきます。

シンガポール進出を果たした企業家。80歳!


ここ3か月くらいの変化です。やはり日本で未曾有の震災と原発事故という国民ひとりひとりがショックを受けた事故があり、多くの日本人が、「日本国と自分を見つめなおした」時間だったのではないかと想像します。

海外シンガポールで生活している私でさえ、毎日日本が心配で心配で眠れなくて、3月11日以降、1か月間は特にニュースを追いかけて、被害がなかった自分だから何かをしたい、しなければ・・と毎日考えて、眠れない日々を過ごし、苦しい気持ちでいました。
(1か月後、私には初めて10円ハゲが頭にできてしまいました。。思わず、ラッフルズホスピタルへ人間ドッグに行きました。)

一方で、やはり被災地の人の気持ちを考えて、自分も節約、自粛モードな気分になっていたところ、
やはり、そうじゃない、支援をするなら、自分が稼いで元気でいないとだめだと気付きました。

アジア、シンガポールでせっかく超景気の良い場所にいるのだから、もっと気合いいれて頑張ってビジネスをしながら、被災地のなにもかもを失って希望が持ちにくい中小企業の経営者の方に何かアジアへの進出機会をつくり、成長市場のアジアで稼いで、地元や家族に利益を持ち帰るモデルがつくれないか?と考えました。

そんななか、さすが、日本の中小企業の経営者は、ただただ、現状のリスクと政府のうだつの上がらない状態に見ているだけ・・ではなく、やはり、自分から何かをしないとと思い、これからはアジアで稼いで、困っている日本が助けを求めたら、何か支援ができる自分でいたい、または、このまま日本船ごと一緒に沈みたくないというお考えの方が、シンガポールにどんどんとアクセスしてきております。

ついでに、日本政府はこれから増税をして、さらに好業績の国民にはさらに増税するという方針のようで、
一生懸命頑張って稼いでも、被災地の支援になるならいいのですが、それも望めない超金食い虫の政府にお金を食わせると思うと、それは健全なビジネス精神を持っていても、人間の生き方と方針にも嫌悪感を感じると思いますね・・

そんななか、世界中で今、注目を浴びているのがシンガポールのようでして・・・
(私から見ると、ちょっと調子に乗りすぎじゃないの?と思う節もしばしばですが。)

ただ、事実として、人間には生命と時間が有限なので、その有限なものをどう使って生きるか?
と考えると、ふつうは一生懸命、働いて会社を経営しても、従業員の生活を支えても、自分自身と家族が幸せになれる先行きが見えないのならば、それは人間の本能と常識的な欲望として「最低限、妻や子供、自分も含めて家族を幸せにしたい」という国籍は関係なく人間の本質的な欲求があります。

ですから、それが日本国内で望み、努力をしているのに、その実現が困難だと感じ判断したら、経営者的な日本人の人々は誰かに幸せを少しでもつくるための資源がある場所へ、家族とともに自分が引っ越しするのではないかと思います。
日本の政治家は自分の元にいるすべての人の家族を幸せにするという気概と覚悟、理念がないので、国民が離れていくのは仕方ないと感じます・・・。(泣)

2011 年 7 月 10 日 日曜日

54人が集まってつくった作品に感動する音楽DVD

え~と。
正直いうと、2週間前に日本出張でいて、帰りの成田空港で、なにか新しい音を聞きたいと思いまして、
内容よくわからなくて買ったのがこのCD&DVD.

そして、忙しくて今日までプレイしないでいたのですが、

今日、観て!

すんばらし~~~~!

この映像はこのブログではご披露できないので、とりあえず、タイトルだけは皆さんにお伝えしましょう!

Let’s Try Again! 
by team Amuse

なんか、私の尊敬するアーティストの桑田さんがリーダーシップとってレコーディングしています!

はい、皆さん、買ってね! これは全て売上が日本の東北義援金になるそうです。
齋藤Kaz

桑田さんの世代と現在の30代、40代、そして20代がコラボしていて、こういう日本政府と社会ができたら素敵なのになあと思いますが。

2011 年 5 月 30 日 月曜日

日本のためにこのアジアの立ち位置から、日本企業の海外進出を丁寧に支援する。

当社は、これまで多くの大手企業へ、海外拠点の人材育成研修や人事規定、人事制度系のコンサルティングを専門に仕事をしてきました。
1年半前から、当社の創業当時からのビジョン「日本人をアジアのグローバルリーダーに」という思いで、日本の中小企業向けシンガポール会社設立を支援してきました。

大手企業のアジア拠点のニーズと、これからチャレンジする中小企業のビジネスオーナーとでは、まったく彼らが欲しいニーズが違います。
大手企業のほとんどは、すでにこの20年くらいの間に、シンガポールには拠点と組織があります。そこには、すでに総務部、人事部のスタッフがいるわけです。

しかし、日本の中小企業の場合は、本当に初めての海外進出、そのご担当者は初めての海外生活という事情なのです。
両者の会社の海外展開のステージが違うので、それぞれの悩みや課題はまったく違うものです。

日本の中小企業のオーナーやご担当者にとっては、ある意味、「海外で起業する」というステージで、昔は大手企業の商社駐在員が最初に外国へ飛ばされて、乗り込んできたときと同じことに直面しています。

今では大手企業の場合は、社内に海外進出のノウハウや、海外赴任した人材が社内にいます。しかし、中小企業の場合は、そのノウハウも人材も社内にない、というのが現実です。

ですから、その心情を理解したうえで、色々な細かいサービスを企画して実行しています。
それは、私自身がひとりでシンガポールに乗り込み、会社を興した経験があるゆえ、そのご担当者の立場と気持ちがよく解るからです。

そんなわけで今、当社では新しい事業部をつくるために毎日、準備をしています。
どうか、被災地の企業さん、そして、被災地以外でもさらに会社の売上を元気にするためにアジアに進出したい中小企業さんに、何としてもアジアで活躍して頂き、日本を元気にして欲しいと心から想っています。

また、日本の若いベンチャー企業の経営者の方たちにも、どうか、シンガポールをフル活用してうまく、今後のインド、インドネシアを含めた
アジア展開をうまくやって、日本代表でさらに成功してほしいです!

近日中に新しいサービスを発表できると思いますので、もし、シンガポールのメリットを活用してアジアのマーケットに挑戦したいと思う企業の方は、ぜひご相談ください。
全力で、課題解決のために多様なブレーンとチームになって、その企業の事業目的が達成できるように尽力します! 

space