インキュベーター・インスティテュート齋藤一恵のブログ

2011 年 5 月 30 日 のアーカイブ

2011 年 5 月 30 日 月曜日

日本のためにこのアジアの立ち位置から、日本企業の海外進出を丁寧に支援する。

当社は、これまで多くの大手企業へ、海外拠点の人材育成研修や人事規定、人事制度系のコンサルティングを専門に仕事をしてきました。
1年半前から、当社の創業当時からのビジョン「日本人をアジアのグローバルリーダーに」という思いで、日本の中小企業向けシンガポール会社設立を支援してきました。

大手企業のアジア拠点のニーズと、これからチャレンジする中小企業のビジネスオーナーとでは、まったく彼らが欲しいニーズが違います。
大手企業のほとんどは、すでにこの20年くらいの間に、シンガポールには拠点と組織があります。そこには、すでに総務部、人事部のスタッフがいるわけです。

しかし、日本の中小企業の場合は、本当に初めての海外進出、そのご担当者は初めての海外生活という事情なのです。
両者の会社の海外展開のステージが違うので、それぞれの悩みや課題はまったく違うものです。

日本の中小企業のオーナーやご担当者にとっては、ある意味、「海外で起業する」というステージで、昔は大手企業の商社駐在員が最初に外国へ飛ばされて、乗り込んできたときと同じことに直面しています。

今では大手企業の場合は、社内に海外進出のノウハウや、海外赴任した人材が社内にいます。しかし、中小企業の場合は、そのノウハウも人材も社内にない、というのが現実です。

ですから、その心情を理解したうえで、色々な細かいサービスを企画して実行しています。
それは、私自身がひとりでシンガポールに乗り込み、会社を興した経験があるゆえ、そのご担当者の立場と気持ちがよく解るからです。

そんなわけで今、当社では新しい事業部をつくるために毎日、準備をしています。
どうか、被災地の企業さん、そして、被災地以外でもさらに会社の売上を元気にするためにアジアに進出したい中小企業さんに、何としてもアジアで活躍して頂き、日本を元気にして欲しいと心から想っています。

また、日本の若いベンチャー企業の経営者の方たちにも、どうか、シンガポールをフル活用してうまく、今後のインド、インドネシアを含めた
アジア展開をうまくやって、日本代表でさらに成功してほしいです!

近日中に新しいサービスを発表できると思いますので、もし、シンガポールのメリットを活用してアジアのマーケットに挑戦したいと思う企業の方は、ぜひご相談ください。
全力で、課題解決のために多様なブレーンとチームになって、その企業の事業目的が達成できるように尽力します! 

space