インキュベーター・インスティテュート齋藤一恵のブログ

2009 年 8 月 29 日 のアーカイブ

2009 年 8 月 29 日 土曜日

シンガポールで本物マッサージ

シンガポールに9年もいて、秘密にしていた個人の秘密をここで告白と言う感じ。私はもうこの15年、仕事ばっかりの人生で、東京にいた時から、仕事で海外出張すると、最初の予定に必ず、その土地で「フルマッサージ」をいれます。東京での疲れをしっかりと取り除いてから、出張先で明るく、元気に営業!というお決まりでした。
そんなわけで、15年前から、日本国内をはじめ、色々な国に出張していて各国のマッサージを体験してきました。

日本は、思い出せないくらいの都内や沖縄までの色々な場所で、海外は中国、台湾、韓国、アメリカ、ハワイ、フランス、マレーシア、インドネシア、オーストラリア、シンガポール、ベトナム、タイ、などなどでマッサージ処を極めてきました。 はっきりいって、「マッサージオタク」笑

その中でも、現在、シンガポールで生活している私の場合は、寝ても覚めても疲れがとれないピーク状態になると、リラックス系のSPAマッサージやチャイナタウンのマッサージではまったく満足できないのです。

絶対的に体調に変化をつくる「治療的マッサージ」を求めて、7年間の間、色々なところを試して来ました。

まあ、シンガポールの場合は、本当に中国人の素人学生をOJTで使っていたりするところもあり、呼び込みのおね~さんがいたり、チャイナタウンあたりは、競争が激しくて値段勝負。 しかし、私の場合はすぐに素人か、玄人かが最初の1分の触り方でわかるので、どこにいっても、ああ、これは素人相手に研修生をあてがったな・・とわかり、そんな時は、私でも(どうしよ・・・・)と迷うけど、「マッサージ師チェンジ」を言い渡します。そういう店は一度の訪問で、二度と行きません。

そんななか、この激務をしているシンガポールで見つけた極秘の場所があります。
「過労の身体を回復し、その後、すぐに仕事ができるようになる」マッサージ屋を。

正直言って、この話題は相当に私としてはカッコ悪い話なのですが、本当に休みなく仕事していると、私の場合は、肩コリではなく、身体の全体、どこを押しても痛いコリになり、体と頭が痛くなり、終いには息苦しくなり、仕事に集中できなくなるのです・・・・。

それでも、仕事はしないとならないので、ひどい時は、昼休みにその治療&回復マッサージをしてくれるところに行きながら、1週間をやり過ごす時があるのです。
でも、そのマッサージが、なんとか仕事を休まずにやり続けるための手段なんです。

こんな不幸で、恐ろしく疲れた働き女は、シンガポールには私以外にはいないと思いますね。。。笑

もしも、疲れて体が痛い、気分がすぐれない、という場合はこの場所へ。

Sojitz & Bambi& 006

「it works」ウェブサイトはありません。
オーチャードロード(Orchard RD)にあるラッキープラザの一階の裏側。
お店の名前は、「it works」 それは効果・働くという意味。
はっきりいって、ぶらぶらしてもラッキープラザの表面では見つかりませんね。笑

具体的な情報としてはこちら。

オーチャードロードのラッキープラザの1階なんですが、建物の正面から見て、右奥にあるエスカレーターの後ろに通りがあるので、そこを左方面に進んでいくと、右手にチャイニーズ系のマッサージ屋があり、それを過ぎたら左手にこのお店があります。普通の人はラッキープラザの後ろのほうに行くことは絶対にないですね。笑

HAMA さんという、日本でも働いていた経験があり、簡単な日本語会話ができます。いつもは、ローカルビジネスマンや欧米人駐在員の人など、良いお客様でいつも予約がいっぱいなので、とくに広告もしたくないという店で・・。
Sojitz & Bambi& 007
正直、これまで日本人には教えたくないな・・とずっと秘密にしてました。笑
なぜなら、私がすごい疲れた風貌でマッサージ店に来たら、知っている日本人ビジネスマンに会っちゃった、という場面に遭遇したくないので。笑

前回、本当に体調が悪い時、それでも仕事しないとならなくて、HAMAさんのマッサージで予想外に救われました。本当に結果をだしたい人は、ここに来ると助かるので、お伝えしてみようかなと思いました。
基本的には、一人だけのための完全予約制のお店です。

店内は、個人宅のオーディオルームみたいな感じです。
内臓を刺激して回復してくれるフットマッサージチェア。

お店は小さいですが、基本的にプライベートを大切にする隠れ部屋みたいな感じで、そのひとりのためにサービスするという感じ。

遭遇するのは、自分の予約時間前のお客さんひとりだけです。

広告は一切、だしていないのですが、常連がいて、予約しないと入れませんし、一見さんは入れません。それで、日本人なら変な人いないから、許してよ~!と言っておきました。

お店の名前:it works
マッサージ師: HAMA-san
予約電話番号:6235-5911
#01-89 Luckey Plaza

本日予約の際には、「 What time Can I have appointment with Hama-san today?(or tomorrow?) ワタシ、ジャパニーズブログみて、連絡しました・」と言えば、なんか、少しはいいことあるかも??ないかも?(^_^;)

英語が苦手な人は、とにかく、「ハマサン、プリーズ!」といって、ハマサンがでたら予約をいつと言えば、丁寧に対応してくれるはず。 

とにかく疲れていて、きっちりと結果がでる治療を求める人は、HAMAさんにどこが痛い、だるいかを伝えて、マッサージをお願いしてくださいね。(慢性の肩・腰痛などもOK)

料金は、普通、30分で40ドル、一時間で70ドル位です。
安いところに比較すると10ドル位、高めかもしれませんが、
まったく後の効果が違うのです。

シンガポールでは本当に沢山、安いマッサージと色々な種類のマッサージ屋さんがあるのですが、1回一時間使っても満足できなくてマッサージ屋を2軒はしごしたことも何度かある私のシンガポールの体験からのチョイス。最初から、HAMAさんのところで1時間やればよかった・・・という感じですね。

仕事でパソコンが長い人は、どうしても目、肩、頭、首、腕、手首が痛くなりますよ。主婦だって、目や肩、腰が疲れますよね。
そんな時、このハマさんは、ちゃんと30分~60分で軽くしてくれます♪
 
観光客目当てのマッサージ屋に嫌気がさしている方は、ぜひお試しあれ。
あ、秘密を教えちゃいましたが、どうか、どっと疲れた風貌の私にHAMAさんの処で会っても、どうぞ見えないフリしてください・・・ね。

以上は旧ブログで紹介した記事でして、しかし、人気が高いので再度、掲載とアップデートしました。

実は本日、いつもどおりに行って参りまして。話を聞くと、前回のブログで多くの日本人の方がいらしてくれたようでした! なんだか、嬉しくなりました!

ただ、本日はあのコーポレート犬をつれていきまして、私はフットリフクソロジーを45分。その間、マネジメントのピーターさん(なんだか、日本のあの俳優みたいな人でね)が犬は大好きらしく、私のマッサージの間もレオンを面倒みてくれました!
以下がアップデート!

P1020256 この人が、カリスママッサージ師ですね。。

あ、ごめん、顔だしてしまいました。。(^_^;) 

2009 年 8 月 29 日 土曜日

海外にいても選挙に行こう!! しかし・・

明日、日本で選挙が行われます。
2.3週間前から、日本大使館やら、JCCIからもその選挙期日と場所についてお知らせが、海外の日本人に広報されています。
しかし!!その広報内容と時期がぁぁ・・・

・・・・・・以下、日本国大使館からの最初のお知らせ7月21日付メールを引用・・・・・・
—–Original Message—–
From: kinkyu_inside-sngp@mailmz.emb-japan.go.jp [mailto:kinkyu_inside-sngp@mailmz.emb-japan.go.jp]
Sent: Tuesday, July 21, 2009 2:52 PM
To: kaz@tii-asia.com
Subject: 日本国大使館からのお知らせ

シンガポール在留邦人の皆様へ

こちらは、在シンガポール日本国大使館領事部です。このメールは、当館に「在留届」を提出して頂いている方のうち、Eメールアドレスをご記入頂いている皆様にお送りしています。
                 
第45回衆議院総選挙:在外選挙

7月21日に衆議院が解散された結果、次の通り衆議院議員総選挙が実施されることになリました。詳細については下記の当館のホームページ等をご覧ください。

【日程(予定)】    
  ○ 日本国内の投票日(予定):平成21年8月30日(日)

○ 在シンガポール日本国大使館における投票期間(予定)
  平成21年8月19日(水)から8月24日(月)、午前9時30分から午後5時まで。

【投票記載場所】
在シンガポール日本国大使館(領事班・広報文化班駐車場)
16 Nassim Road, Singapore 258390
 
【必要書類】
 「在外選挙人証」及び「旅券等の身分証明書(注)」
(注)旅券が提示できない場合は、日本国又は居住国の政府や地方公共団体が交付した顔写真付き身分証明書(例:運転免許書、外国人登録証等)でも差し支えありません。

【在シンガポール日本国大使館の選挙関連ホームページ等】
 http://www.sg.emb-japan.go.jp/ryoji_SENKYO_j.htm
  ・外務省HP http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html
  ・総務省HP http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/senkyo/index.html

●●●皆様へのお願い●●●
(1)万一、既にご帰国(転勤)されておられる方で、このメールを受け取られた方は、「帰国届」(離星届)が当館に提出されていない可能性があります。以下のアドレスをご参照の上、届け出をお願い致します。

*以下は8月6日で、7月21日とは違う内容です。
【必要書類】
「在外選挙人証」(注1.)及び「旅券等の身分証明書(注2.)」
(注1.)在外公館投票を行うためには、あらかじめ当館を通じて在外選挙人名簿への登録申請を行い、『在外選挙人証』を取得しておく必要があります。在外選挙人証の交付には、登録申請書を大使館から日本国内の市区町村選挙管理委員会宛に送付してから概ね1~2ヶ月程度を要します。
(注2.)旅券が提示できない場合は、日本国又は居住国の政府や地方公共団体が交付した顔写真付き身分証明書(例:運転免許書、外国人登録証等)でも差し支えありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何がいいたいか?というと。

昔から思うのですが、どうして、政府系の人で広報系担当の人は、人の気持ちがわからないのかな?といっつも思います。
まあ、多分、上からこれを流せ!と言われて、そのタイミングで業務タスクとしてお仕事されているのでしょうから、責めるわけにもいかないのかもしれませんが。

これだけ、日本の政治に積極的な期待を落としておいて、しかしながら、海外にいる日本人にとっては心配でなりません。
それなのに、選挙だという日程を連絡されても、2ヶ月かかる選挙参加の条件がマストで、選挙日だけを連絡されても・・・・皆さん、どう思いますか?

例えば、サザンや浜崎あゆみのコンサートがシンガポールで8月30日にあります!と
7月30日に連絡やら、広報をもらっても、その1ヶ月前のタイミングで、「しかし、手続きに1か月~2ヶ月かかる事前のチケット許可証取得の手続きをしてください。それがなければ、その会場にはいけません」
ということです。 なんだそれ? その情報をもらった時点で、やりたくても無理じゃないの。

だって、これを皆に最初に大使館が流したのは、シンガポールの場合は、7月21日。
そして、その内容には、選挙に一票を投じるには、 「在外選挙人証」が必要だと書いてあります。もうひとつは、パスポート。これを持っていない人は少ないでしょう。
しかし、選挙日の1か月と10日前に、そんなこと言われても、もう、 「在外選挙人証」を持っていない人にはどうしようもないです。

今回の選挙は、日本にとって大事なことかもしれないと、若い人も思っているはず。そして、海外に住んでいる人にとっても。

しかし、普段、海外にいる人に日本の政治に関心をよせないくせに、いきなり、選挙日がいつですと、すでに時、遅しで、多くの人が参加できないことを連絡されるのは・・?

政府も大使館ももっと、普段から、日本政府のPRと海外には、現在、85万人以上いる日本人なわけで、政治家は、その選挙権の大きさを実は気にはしているのです。

実際に、海外日経新聞協会というものがあり、そこには政党からのPR依頼がきています。
以下、Wikepedia から引用海外日系新聞協会[1] — 世界の邦字紙26社が加盟、海外日系新聞協会賞及を運営。海外日系新聞等(日本国以外の諸国にある日本語等による新聞その他の刊行物、放送、通信等をいう)の事業を行うものの健全な発展 を通じて、国際理解の促進を図り、あわせて会員相互の親睦と共通の利益を守るのが目的。

私は、たまたま、10年前に、外務省とこの海外日系新聞協会との共同主催で
「在外選挙権スタートイベント」の講演者で、呼ばれてお話したことがありました。

なので、この海外日系新聞協会のことを存じ上げておりますが・・・
遅すぎでしょ。。。報道、PRのタイミングjが!!!
シンガポールでは、多分、J-plus や、シンガポールで日本語FMラジオ放送を事業としているCOMM.社が協会のメンバーだと思います。それ以外は、日本の報道に気を使っている邦字メディアは私の場合は、知りません。

結論は、2ヶ月も在外選挙権をとるために時間がかかるなら、その、せめて3か月前から、その広報をしてほしかった。。。
そしたら、私も在外選挙権をとるための手続きをとったし、一票を投じたかった。

というか、なんで、在外選挙権をとるために、2ヶ月もかかるわけ??
いまどき、シンガポールポストだって、3,4日で書類も届くし、メールなら、10秒後ですよ。 船便で1か月かけて申請書を霞が関に送るのでしょうか?
どうして、インターネットでやれないのかね?
シンガポール政府では、こんな手続き時間はすでに40年前の話で、今どき、こんな話、ありえないわ。

space